installation
sun dance for sundown; suspended body, tiny ballet and desire
2014 March: Solo exhibition, O', Milano

general interest
I had thought how to observe invisible magnetic fields for a long time. this does not mean to find out scientific way for the observation. my purpose is to create an art work which is treating an actual magnetic field and our experience.
a magnetic field is not wonder phenomena. It is one of electromagnetic interaction which is most known phenomenon on physics - there are 4 fundamental interactions called "strong interaction", "electromagnetic interaction", "weak interaction" and "universal gravitation."
I don't know why I have an interest in the magnetic field so much. it can not be interpreted like electric power such as a flow of electron. I guess it's a pure interaction phenomenon as both attractive force and repulsion force why I have interest in it.
if we want to see the shape of magnetic field, it's easy to observe the shape of lines of static magnetic forces by using iron sand and so on - there are a lot of photos on physics texts. but the static is a special situation. an actual magnetic field is dynamic, because the essence is interaction. for instance, the magnetic field around an ordinary gadget such as switch, speaker and so on is fluctuating. so I had been thinking how to catch the fluctuations.
recently I succeeded to make a system which can catch the very low fluctuations - 1Hz to 20Hz or more - of magnetic field. it appears on sound. This scale of fluctuations is very similar as the scale of our physical body motions. for instance, when we move magnets each other by hand, a scale of our experience is like this.
by using my system, I want to show the magnetic fluctuations under this scale through sounds and motions with light on my art work.

note for art work
a set of magnets is hung as pendulum , let us call it as magnetic pendulum.
a set of magnets settled under the pendulum, let us call it as magnetic pickup.
this work shows magnetic fluctuations as interaction between a magnetic pendulum and a magnetic pickup. The pendulum has variable motions by magnetic fluctuations - up and down, rotations and amplitudes. we can see and hear the invisible magnetic interaction through these motions.
the motions of pendulum is not free, it becomes a restricted motions by hanging. I think a restriction such as this is related with a fundamental thing of our physical body and our concept. So I named the title as "sun dance for sundown; suspended body, tiny ballet and desire" from this relationship.

目に見えない磁場を観測してみたいという考えは、だいぶ以前から持っていた。それを作品化することも幾度か考えてきた。
磁場はそれほど不思議な現象ではない。基本相互作用といわれる電磁相互作用、強い相互作用、弱い相互作用、重力相互作用という4つのなかで、人類にとってその原理がもっとも解明されている電磁相互作用の1つでしかない。しかし何故か磁場には引かれるものがある。電気のように電子の流れという単純な解釈が可能ではない磁気。純粋な相互作用に伴い発生する力、それが引力と斥力になるというところに惹かれるのかもしれない。
静的な磁場、つまり磁力が安定している磁場のかたち(磁力線)は、砂鉄などで簡単に観測することが出来る。初歩的な科学教科書にその写真を見つけることは容易である。しかし実際の磁場は、相互作用という性質上、完全に安定し留まることはほぼ無い。つまり、教科書の写真のように一見静止しているように見える磁場は特殊な状況下であり、動的なことが磁場の本質なのである。身近なスイッチやスピーカーの周りでさえ、磁場は変化しているのである。その変動を捉えてみたいと思っていた。
最近になって1Hz?20Hzのゆっくりした磁場変動を音として捉えるシステムを作ることができた(もっとゆっくりした変動ならば、磁性流体を使い視覚化という手段もあるだろう)。この変動は、2つの磁石を近づけたり遠ざけたりして磁力を体験するときの手の運動の尺度に近い。
この身体感覚に最も近い尺度で変化する磁場のかたちを、動きと音を通して観測してみたいと考えた。

note
振子として吊り下げられた磁石と、その下に固定された磁石。この2つの間に働く磁場の変動を捉えたのが本作品である。本来自由に動く磁石間の磁場変動を観測したいという欲求があったが、吊り下げられていることにより動きに制限がかかってしまう。その制限は身体的な制限であり、その制限を通さなければ得られない欲求という問題は、科学の問題には今のところ属していないようだ。しかしそれはとても興味を引く問題である。そのように制約された動きから、タイトルと作品構成が決まった。
振子磁石は通常の振子とは異なり、磁場の影響を受けて上下・左右・回転方向に対して一見変則的な周期運動をする。この振子の動きこそが磁場変動に伴うものである。私たちはこの作品を通して、その変動を見聞きできるようになる。
摩擦熱や空気抵抗が無ければ、理論上正しく磁石を配置することにより半永久的に動き続ける作品を作れるかもしれない。しかし、吊り下げられていることにより熱力学的なエネルギーの損失は免れず時間経過とともに動きが沈静化する。初期エネルギーを与えれば半永久的に運動するという理念型にはならない点も、身体性に関わる一つの制限と考えており、それもまた科学実験とは無縁の興味を引く要素である。